タグ:外壁改修 ( 5 ) タグの人気記事

S邸外部改修工事・・・完成です。

年明け早々に始まったS様邸外部改修工事でしたが、ここに来てようやく完成しました066.gif
途中経過、屋上防水工事の状況から完成までをご紹介致します。
まずは屋上防水工事の様子043.gif
c0280729_14510347.jpg
塩ビ鋼板取付状況。
デスク版誘導加熱接合状況。
c0280729_14503569.jpg
c0280729_14504928.jpg
2階ベランダ塩ビシート絶縁工法終了です017.gif
外壁工事の方も、屋上防水工事と並行して進んでいました。
c0280729_14545513.jpg
c0280729_14544420.jpg
外壁ガルバリウム鋼板下地の状況です017.gif

そして完成006.gif
c0280729_14515775.jpg
北面。
c0280729_14511865.jpg
東南面カバー工法完成。
c0280729_14512826.jpg
東南面完成。
c0280729_14514440.jpg
南西面カバー工法完成。

日常生活を行いながらの家の改修工事はなかなか大変です。
でも見違えるように綺麗になった外観には、きっとご満足頂けることと思っております。
工事中は大変お世話になりました。
ありがとうございました。


[PR]
by sorajiroo | 2017-03-16 15:13 | 工事現場から | Comments(0)

S邸外部改修工事・・・施工が始まりました。


S邸外部改修工事、まずは屋上の防水工事状況から017.gif
現状です。

c0280729_09172260.jpg

着工前。
防水シートの劣化及びクラックが見てとれます。
c0280729_09173694.jpg
同じく屋上の着工前状況。
排水ドレン廻りの勾配不足による水たまりがありました。

施工方法としては、屋上は既設剥ぎ取り下地処理の上、塩ビシート密着工法を行っていきます。
c0280729_09182921.jpg
コチラは2階ベランダ部。
シート防水保護モルタル。
至る所にクラック有り。
今回は、塩ビシート機械的工法の為、排水溝を樹脂モルタルで埋めます。
c0280729_09184237.jpg
横引きドレン改修施工状況。
c0280729_09185837.jpg
屋上。
既設シート防水撤去後、クラック処理

c0280729_09190943.jpg
屋上
クラック処理後、カチオン下地処理施工状況
c0280729_09192558.jpg
勾配不足部分補修
c0280729_09193761.jpg
接着剤塗布及び塩ビシート施工
c0280729_09201884.jpg
平部及び立ち上がり部塩ビシート密着工法 端末処理状況
c0280729_09200457.jpg
お天気にも恵まれて、着々と進んでおります。









[PR]
by sorajiroo | 2017-02-17 10:03 | 工事現場から | Comments(0)

S邸外部改修工事

S邸外壁改修工事が始まりました016.gif
S邸は築33年ほど経過した鉄骨造、地下1階、地上2階建ての、当初は事務所兼住宅として建てられました。
現在は事務所は別所に移動し、住宅としてのみご使用になられています。

当時は弊社ではない工務店の建築だったのですが、大工工事の応援に弊社所属の大工さんがいたことを施主様が覚えてくださっており、そのご縁で今回の工事を請け負うことになりました。
ありがたいことです012.gif

この間も、建物の劣化と共に漏水などがあり、その都度対策を施されたようですが、なかなか思うようには良い結果が出なかったようです。

では、施工前のS邸の様子をご覧下さい014.gif
c0280729_16015450.jpg
北面着工前。
c0280729_16153425.jpg
c0280729_16154709.jpg
外壁のクラック(ひび)及び雨樋の劣化が見られます。
このクラックより雨水が浸入していると考えられます。

西南面
c0280729_16183737.jpg
地下1階(駐車場)部分。
手摺り壁屋上ボーダー面より雨漏り。

南面
c0280729_16191926.jpg
ベランダ手摺り壁から下部へのクラックあり。

南北面。
c0280729_16244128.jpg
屋上ポーチ。
c0280729_16252708.jpg
同じようにベランダ手摺壁から下部へのクラックがみられます。

これから対策として、屋上の防水改修、外壁の改修と行っていきます。
雨漏れは家にとっては一番やっかいなモノですが、なかなかその場所をつきとめるのは容易なことではありません。
念入りな調査と検討の後、いよいよ施工が始まります017.gif







[PR]
by sorajiroo | 2017-02-14 16:34 | 工事現場から | Comments(0)

外壁材のお話し。

c0280729_10555071.jpg
本日は外壁材のコトを少し。
c0280729_10105781.jpg
昨年竣工したH邸。
外壁材は Kmew(ケイミュー)というメーカーの 親水パワーコート16 モダンストライプ ALアトランティックブルー
とい種類のものでした。

特徴としてはまず、「親水性」
雨で汚れを洗い流します006.gif
親水コートの表層は水に馴染みやすい親水基に覆われています。雨が降れば親水基が汚れとの間に雨水を入り込みやすくする為、壁に付着した汚れが浮き上がり、雨水と一緒に洗い流してくれます。
次に「耐侯性」
パワーコートが紫外線をガードして色あせ、日焼けを押さえます017.gif

アクリル有機塗装の中でも、優れた耐候性を持ったパワーコート。着色層の上に施した水系タイプの紫外線吸収剤入り「アクリルシリコンクリヤー塗装」が着色層をしっかり保護。色あせが少なく塗り替えの必要性が低減されます。

その他ケイミューの外壁材の優れた性能として
無石綿、耐震、防火、通気、断熱、遮音などに優れた性能を発揮しています006.gif

なお、外壁材重ね張りリフォームという工法もあり、今の外壁の上に重ね張りするだけの簡単な施工方法も出来ます006.gif

詳細は
、または弊社の工務担当者までお気軽にお尋ね下さい。




[PR]
by sorajiroo | 2017-01-13 11:06 | 工事現場から | Comments(0)

某ビル外壁改修工事

劣化が進んだビルの外壁改修工事が始まりました006.gif
c0280729_13380129.jpg
c0280729_13330784.jpg


c0280729_10342900.jpg
特にこの出っ張っている、階段部の劣化が激しく、壁にはひびが多数見られます。
ココまで劣化した外壁はすべてはぎ取り、補修をして新しい外壁へと蘇らせます。

足場架けのはじまり。


c0280729_10394359.jpg

c0280729_10562180.jpg
c0280729_10565549.jpg
ビル全体がシートで覆われてしまいました。
いよいよ外壁劣化補修工事の始まりです。
c0280729_11004124.jpg
階段壁、クラック状況。



c0280729_10595454.jpg

c0280729_10593455.jpg
階段部分壁、すべてはぎ取りました。


c0280729_11010370.jpg
クラック補修 Uカットシール充填後。
c0280729_11012105.jpg
エポキシ樹脂低圧注入。
c0280729_11013703.jpg
鉄製窓格子部分の錆、研磨中。
長年の風雨にさらされて、痛んだ部分のメンテナンスは様々の工種、工法で進んでいきます。
そして完成016.gif

c0280729_11084293.jpg
c0280729_11081963.jpg
c0280729_11085688.jpg
クラックまみれだった階段壁も、この通り、綺麗に再生されました006.gif
ビル全体も、落ち着いた茶系の色に塗り替えられ、蘇りました。

人間様も外壁改修、こんに見事に美しく再生できれば・・・・085.gif




[PR]
by sorajiroo | 2016-09-16 11:16 | 工事現場から | Comments(0)

あんな仕事、こんなマイニチ、 日々奮闘中。


by sorajiroo
プロフィールを見る
画像一覧